もろみチラシ表.jpg

もろみチラシ裏.jpg

 

神奈川県の共生共創事業で昨年9月に

綾瀬市で旗揚げされた 綾瀬シニア劇団もろみ糀座

3月の公演「ヤァーーーッ!2020」チラシができてきました

写真のとおりの元気でパワフルな20人のシニアの皆さんが

公演に向けて日々稽古にがんばっていらっしゃいます!

 

居場所を失った人々と

居場所を失いかけているシニアたちの

「居場所」を取り戻す物語!

 

12月の中間発表公演もとても好評でした

とても楽しくて元気が出る舞台に感激した私でした!

 

この「ヤァーーーッ!2020」に

われらTRIPPAも楽器持って出演します〜♬

もちろんお芝居初挑戦!どうなることやら〜

ちょっとドキドキなんですが...

主役であるシニアのみなさんとともに

う〜んと楽しんじゃいたいと思います!

 

公演は綾瀬と横浜で3公演です

●綾瀬公演

3月1日(日)15:00開演(14:30開場)

綾瀬市オーエンス文化会館 大ホール

●横浜公演

3月14日(土)18:00開演(17:30開場)

3月15日(日)14:00開演(13:30開場)

県民共済みらいホール

 

詳しくは

もろみ糀座HP 

もろみ糀座Twitter をご覧ください

「おもしろそう!観たい!」という方は

私に連絡下さればチケットお取りします

よろしくお願いします〜♪

 

 

 

 


 

明後日22日に綾瀬市の公民館事業で行われるイベント

親子で音楽体験「世界の楽器を鳴らしてみよう」に向けて

世界楽器MAPを作っています♬

 

 

ダウンロードした世界白地図を分割&拡大印刷して写しました

畳一枚分くらいの大きさ〜〜!

世界地図って改めて全体を見渡してみるとおもしろいですね!

デンマークってどこだっけ?ギリシャってどこだっけ?ネパールは?

知っているようで意外と正しい場所は知らない...^^;

この中に73億人がそれぞれの場所で暮らしているんだ〜!

日々泣いたり笑ったり怒ったり悲しんだり...

平和だったり争ったり裕福だったり貧しかったり...

憎みあったり許しあったり...

音楽はそれぞれの国や地域で昔から伝わるもの新しいもの...様々

楽器も世界中に広まった楽器、広まらないでその土地独特に伝わる楽器...様々

言語も隣り合っていても少しずつ違う...

世界って本当に広いなぁ〜〜!って改めて思う

 

TRIPPAはアラブの楽器でイギリスのPOPSを演奏したり

ヨーロッパの楽器でアジアの歌やアフリカの歌を演奏したりします

そして世界の歌を原語で歌います♬

世界の音楽を聴くことや自分で音を出したりすることを楽しんで

いろいろな楽器やいろいろな国やいろいろな言葉に

興味を持ってもらえたらうれしいなぁ〜と思うのです

 

とは言え、TRIPPA持ち歌に子どもが知っている歌が少ないので

今回はクリスマスソングも練習しました★

大人も子どもも楽しんでくれたらいいな〜と思います!

 

 

ロシアのバラライカおじさんで

さようなら〜♬

 

 

 

 

 

民族的なものはなんでも好きなんですが、民族楽器は特に好き♬

世界にはびっくりするような楽器がいろいろあって

まだまだ知らない、見たこともないような楽器がたくさんあります

これは、人生初^^ネットオークションで手に入れた

ウズベキスタンの「ルバブ・プリマ」という楽器

羊の角のような、土偶の腕のような突起が印象的

 

実は、ん〜十年前にウズベキスタンに行った時に

民族楽器屋さんでひとめぼれしたのが

「ルバブ」(ルバッブ、ルバーブ)という弦楽器

その時の写真がこれです↓

 

(お恥ずかしいですが、楽器が写ってるのがこれしかなく...^^;)

 

買って帰ると言う決断もつかないまま

いつまでも「あ〜、あの時の楽器...」なんて思っていたのでしたが

最近ふと何気なくオークションサイトを見たら あの楽器たくさん出てる〜!?

写真のルバブは5弦ですが、4弦の短いものが出品されていたので

興味本位で「落札」しました♬

「弾けないことは無いがインテリア飾り用に」との説明

それでも届いた楽器はかなり綺麗で割れや傷も無し

調弦は若干難しいけれど、弾いて弾けないことはない!

長さ58cmと軽くて可愛らしく、いかにも「民族楽器」な見た目なので

TRIPPA参加型ライブや子どもの楽器体験イベントなどで活躍しそうだなぁ♬

 

民族楽器好きを口に出していると

こんなのあるけどいる〜?と、世界の楽器が我が家に来ることもあり...^^

そんなこんなで変わった楽器が増えています

(TRIPPA 岡ちゃんのガーデン山ハウスにはかなわないが)

 

来月には、とある場所で親子向け楽器体験イベントもあるので

チラシ用に作った楽器集合写真、お見せしちゃおうかな...

 

 

 

まとめてみると、あれ?これだけだっけ?もっと欲しいねぇ^^ なんてね

でも、集めるだけが趣味な訳じゃなく、使ってなんぼのTRIPPAですからね

ちゃんと音が出せるよう、使えるよう、練習もしましょう♬

 

 

 

 

 

 

昨夜は仲良くしてもらっているSTREAMのライブに

 TRIPPAゲストで出演させていただきました♬

 

 

先月一緒に行った奄美の話題でいっぱいで

マリちゃんは奄美の海で拾った貝殻をいっぱい持ってきていて

まだまだ奄美CEOLロスから抜けきれないSTRIPPAなのでした

 

 

いかんせん練習不足なTRIPPAなのでしたが

盛り上げ上手なお客様がいてくれて

楽しく盛り上げてくれまして 感謝です!

 

 

ラストはみんなでSTREAM「ありがとうのうた」

昨年ライブで知り合ったアコーディオン弾きの女の子も加わって6人で♬

マリちゃんの作る歌は穏やかな情景や心情を歌うものもあり

ガツンと激しく心に訴えてくるものもあり...

歌詞とメロディをとても大事にしているSTREAMの歌に

みなさん聴き入っていました

昨日は歌いながらマリちゃんにジッと見つめられて ちょっと泣けちゃった...

 

 

そして、私のチェロがおニューだったんです! ジャーン

とうとう購入した8分の7サイズのチェロ♬

7/8ということでハナちゃんと命名^^

分数チェロでも板を薄くしないというこだわりのドイツの工房のチェロで

とても響きが良く倍音を感じるいい音が出る楽器なんですが

まだまだハナちゃんとの意思疎通が叶わぬというのか

どっちかいうとハナちゃんに試されているような感じがしないでもなく...^^;

いい音出せるように練習したいと思います〜

 

TRIPPAなかなか3人揃って練習時間が取れないですが

やはり頑張って練習しないと、ですね!

 

いつも呼んでくれる STREAMの二人

昨日来てくれたみなさん、ありがとうございました〜♬

 

 

 

 

行って来ました、奄美大島

念願の奄美カフェキョールライブ♬

地元の人もたくさん来てくれて楽しく演奏して来ました!

バッチリ梱包したチェロも無事到着

奄美空港では若い男性スタッフが

「コンベアに流しちゃいけないかなと思って...」と大事に抱えて手渡してくれて、感激!

 

今回は梅雨の晴れ間で雨にも合わず、奄美の海にも遊びに行き

キレイな海と砂浜でしばし遊び、キョールのカレーを何回も食べ、島の人たちと交流し

みんな大感激で帰りました

 

写真がたくさんですが、お暇な時間に見てくださいね〜

まずはライブの写真から

 

IMG_1325.jpg

カフェ・キョール ライブ TRIPPA♬

 

IMG_1344.jpg

カフェ・キョール ライブ STREAM♬

 

IMG_1363.jpg

大浜海水浴場(方角はざっと言うと上海の方を向いている)

 

IMG_1364.jpg

白い砂浜にサンゴのかけら、海藻、貝、黒い石、などなど 

 

IMG_1366.jpg

いろいろ拾って行きたくなるが、全ては持ち帰れないのでその場で造形して遊ぶ

 

IMG_1361.jpg

南の島の植生は造形的にホントに面白い!

 

IMG_1359.jpg

到着早々、まずはキョールのカレーでしょ!

 

IMG_1370.jpg

ライブの前もカレーでしょ!

あ、私はカレーじゃなくて島豚丼にしました うまいですっ!

 

IMG_1360.jpg

ホテルの朝食で奄美の郷土料理 鶏飯(けいはん)もいただきました

出し汁のスープをかけて食べるんです  美味しい♬

 

ちょうどNHK大河ドラマの西郷どんでも先週から舞台が奄美大島になりましたね

琉球からも薩摩からも搾取された悲運の歴史のある奄美大島のことを

少しでも知るきっかけになるかもしれないですね

 

奄美大島、自然豊かで素朴でとってもいいところです

奄美に行く機会があれば名瀬小浜町のカフェ・キョールにも是非寄ってくださいね♬

 

IMG_1369.jpg

 

 

 

 

 

 

今週末、いよいよ念願のSTRIPPA in 奄美 cafe CEOLライブです♬

茅ヶ崎でvol.4までやっていた奄美カレーのカフェ・キョールでのライブ

彼らが奄美大島へ帰島してから早3年...

次は奄美CEOLでライブだよ!と約束して3年...

とうとうこの日がやってくる〜とみんなでワクワクしています!

 

ところで、楽器を持って飛行機に乗るのは初めてで

なんともこれが大変だってことを初めて知りました!

もちろん手荷物で機内持ち込みできる小さい楽器などは問題なし

ギターなどは貨物預けですが、専用ケースが無料貸出できます

大きなコントラバスなども専用大型ケースがあるんですが

なぜか、チェロは入れてもらえない

J●Lコンタクトセンターの回答によると

チェロは自分のハードケースに入れて貨物に預けるか

座席をもう一つ予約して(有料)機内持ち込みするしかない、とのこと

楽器屋さんに聞いて宅急便でも大丈夫とのことだったので

大きな段ボールももらって、宅急便で送ることをのんびり考えていたら

島に送るには1週間かかり(おまけに港留め)補償もつきませんとのこと!

 

時間的にも無理!とわかり

意を決して貨物に預けることにしました

チェロやバイオリンなどの楽器は駒で弦のテンションを張っており

気圧で弦がゆるんだり衝撃で駒が倒れボディが割れる、魂柱が倒れるなど

トラブルが考えられるため、念入りな梱包が必要!

...ってことをプロのチェロ奏者の方などのブログをあれこれ読みまくり

よし!梱包なら任せとけ〜!って感じで、勢いつけてやってみました!

 

なにせアマチュアへっぽこ奏者とはいえ、チェロは大切な大切なもの

万が一壊れてもお客様の責任で...と言われるなら

徹底的に梱包してあげましょう!

 

ということで写真はその行程

 

ですが、最初に、今回奄美に行くということもあって

チェロ10年目の記念にということもあって

つい先日ハードケースを購入したんです♬

実はそれだけではないのですが、それはまた後日^^

 

 

ジャーン!おニューのハードケース、なるべく無傷でいたいもの...^^;

傷だらけもカッコいいけど、まだまだね...

 

 

まずは駒の周囲、テールピース、ヘッドのペグなどをプチプチで巻く

指板とボディの間にも軽くタオルなど詰めておく

 

 

Tシャツなどを上下から着せておくといい、と書いてあったので

長めのタンクトップを上下からかぶせる

ケースとの隙間がないようにクッション材で埋める

弓もプチプチで巻いて動かないように

 

 

さらにケースの上からプチプチを巻いて

ハンディラップでぐるぐる巻き状態!

この状態で背負えるようにショルダーストラップをつける金具部分を

プチプチから出しておく!

ストラップはカバンに入れて持っていけば背負うときに楽!

それから、係りの人へのささやかなアピールとして

「ここ持ってね!持てるようにしといたからね!」とハンドル部分も

プチプチから出して作っておく♬

 

 

取扱注意〜〜!この面を上にしてね〜〜!

など意思表示をいっぱい^^

これは背負って歩くときに取れるように作りました

 

早めに梱包しちゃって、なんかチェロが窒息しそうでかわいそうだけど...^^;

これで果たして大丈夫か無事に着くかどうか、まだ少々不安ではありますが

国内線は国際線よりも安心!とのことで ひとまずOK

あとは、預けるときに「受け取りは手渡しでお願いします!」と

言っておくことも重要だそう!

 

これで楽しくライブができて、キョールのカレーをたらふく食べて

みんなでワイワイ大騒ぎして、楽しい奄美の3日間を過ごしたいもの♬

 

でも、帰るときにまたこの梱包をしなきゃいけない...!

う〜ん、大変だぁぁ!

 

お近くの方(がいるかどうかわかりませんが)是非奄美カフェキョール

遊びに来てくださいね〜〜♬

 

 

 

 

この写真は3年前の2014年

懐かしの茅ヶ崎cafe CEOLでの最後のSTRIPPA (STREAM+TRIPPA)ライブ

STREAMのふたりとはだいぶ長いおつきあいになって来て

彼らのライブには時々ゲストで呼んでもらいます

明日は藤沢インディアンサマーでSTREAMライブにゲスト出演です♬

TRIPPA原点回帰でシャンソンメインで7曲ほどやります

がんばるどー

 

そしてチェロのこと

実はメンテナンスもずーーっとしていなくて^^;

そろそろマズイでしょ、っていう感じ

駒替えや弓の毛替えなどいろいろ見てもらいたいことがあり

知人から教えてもらった工房に行ってみようと思っています

おまけに、分数チェロに8分の7というサイズがあることを最近知って

なんとなく4/4サイズを持て余している感がある私は、なんだか興味が...

 

ボディに音を響かせられてないのは楽器の問題でなくただ単に腕の問題?

かもしれないけど...どこか大きさに負けている感もあり

手の大きさはそれほど小さいわけではないけれど

なんかもっと自分にぴったりのチェロがあるんじゃないか.....なんて

へたっぴぃ〜なくせにちょっぴり欲が出て来たみたい!

工房に行ってそんな相談もしてみたいな〜って思います

ライブが終わったら、行ってみよう

 

チェロを買って約10年、ぱぎるにギ〜っと引っ掻かれた傷や様々な痕跡があり

愛着は年々増していて、この楽器一生使うぞ〜!という買った当初の気持ちも

もちろん今もあれど、あ、もしかして、他の楽器もいろいろ試してみてもいいのかな

なんて気にもなってきたんですね〜

記念?にちょこちょこギターを買うY(それでも3、4本ですけどね)

をちょっぴりうらやましくも思ったり^^

更にチェロが増えたら置く場所がないんじゃ...?

更にギターや他の楽器が増える可能性も充分あるし...?

 

でも、何が優先なのかって考えたら

自分が気持ち良く納得いく音や、それを求めることにケチっていたらダメだよね!

そこはどん欲に!

もちろん作品を作るうえでもそのことは言える

同じ意味で、TRIPPAもこれからはスタジオ練習することに(今さらです〜?)

ケチったらケチった分だけ、ツケが来る

ケチったらケチった分のことしかできない、と思うわけです

もちろん自分の持てるものの範囲でですけどね

 

まだまだ向上心いっぱいのおばさんですよ〜 ^^

 

明日はインディアンサマーで19時半よりライブスタートです

インディアンサマーなのにマスターの作る中華料理がめちゃくちゃおいしいです!

興味ある方は是非いらしてくださいね♬

飲食(キャッシュオンデリバリー) & 投げ銭プリーズです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日の菜の花まつり、あいにくのお天気でしたがまつりもライブも決行!

元気な愛川町、この雨でもかなりお客さんが来てにぎわっていました

TRIPPAライブはテントの下^^;

持参した小楽器持って親子で参加してくれた人もいて楽しいライブになりました

 

 

晴天の下でもっと楽器広げてワイワイやりたかったけど

それはまた来年のお楽しみに♬

 

ライブ後は美味しいものもいっぱい食べて、菜の花摘み

花摘みおじさんその1(おかちゃん)

 

花摘みおじさんその2(Yさん)

雨なので入口の菜の花ばかり摘まれていましたが

長靴履きのYは手つかずの菜の花を摘みにズンズン奥まで^^

 

摘んだ菜の花は日曜日のおひるごはんの菜の花のチーズトースト

(ここで採れた菜種油と塩で炒めてシュレッドチーズを載せてトーストします)

晩ごはんの菜の花ときのこの焼うどんになりました♬

焼うどんは写真撮り忘れ...

春の香りいっぱい頂いて、ん〜満足♬

 

雨の中で足が冷え冷えで足元確認しながらのヨロヨロ歩きでヘトヘトに

しかも終わってから同じく出演の沖縄民謡ばっさん家と一緒に5人で打ち上げ

ヘロヘロに疲れながらもみんな楽しく嬉しく酔っぱらいました

 

この時期は「菜種梅雨」というらしく雨が多いですが

来年は晴れるように今から天に祈っていましょう!

自然がいっぱい春いっぱいの愛川町へ、みなさん是非遊びに来てくださいね!

無農薬で育てた菜の花畑なので、小さいお子さんも安心して遊べますよ〜

(来年の予告でした^^;)

 

さて、ようやく遊び疲れが取れて来たので、仕事仕事^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今受けている本の絵の構想を練っているところですが

このCDを聴きながらむくむくとイメージをわかせています

私が構想を練る時は絵を描きながらなので、イメージをどんどん描いていきます

ご依頼主の著者の女性も個展で少しお話した方なので

もちろん彼女のこともイメージしながら...

 

今日の音楽は「チャント・オブ・インディア」

私達のインド音楽のプレーム先生の先生、ラヴィ・シャンカール大先生のCD

ジョージ・ハリスンのプロデュースで1996年に録音されたものです

 

真言であるマントラが幾度も唱えられて

聴きながらつい合掌したりしていると心底気持ちがいいです

インドの伝統的なマントラや二行連句の詩にシャンカール先生が作曲しているのですが

ライナーノーツにシャンカール先生がマントラと二行連句の詩について

「それは主としてこの宇宙またひとりひとりの肉体的、精神的、霊的自己が

あらゆる穢れ(けがれ)、騒乱、病、不安、悲惨さを知らず健やかであることへの、

そしてあまねきシャンティ(平和)への祈り」であると書いています

このCDを聴くと音の力、言葉の力がとても強く感じられます

 

昔ヨガを習っていた時に

最後にきちんと正座をして真言「オーム」を唱えるのですが

みなさんは例の教団のことがあってか、なかなか大きな声で言えない...

私は腹の底からオームと言うとなんだかとても清々しい気がして

なるべく大きく長く唱えるようにしていました

先生の息の長さは特別で、室内に最後までん〜.....という音が響き

ホントに心地よかったのを覚えています

 

そういう今までの経験が少しは活かせるのかな...っていう気もする今回のお仕事

 

何度もCDをかけていたら

途中で近くの木に止まっている蝉が大きな声でミーンミーンと鳴き出して

ずーっと鳴いているんですが

CDが終わると同時に鳴き止んだのです...

もちろん外に聞こえる程の大音量でかけていたわけではないですよ〜 ^^;

 

とすると、もしかしたら、あの蝉は

ラヴィ・シャンカールさんの生まれ変わり だったのかもしれません...^^

インドに関わることはそういう不思議なことが普通なんだって

プレーム先生が言っていましたっけね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日は、ご縁があってこちらでTRIPPA演奏させて頂きました♬
ちんどん屋さんとも少し共演
間近で聴くとすごい迫力です〜!


皆さん可愛い衣装で^^
一番手前の方が親方のOさん


見て下さい!御歳85才で、この腕の筋肉!
素晴らしいリズム感♬
それもそのはず、ラテンバンドのドラムなどもやっていたそうで
10代からずっと音楽をやっていて、だいたいの楽器はできるそう
終わってから「今度、一緒にやる時は俺に太鼓をやらせてくれ!」って
かーっくいい!

私ら、まだまだ負けちゃいられませんよ〜!

TRIPPA写真はありませんが、小楽器参加型で7曲演奏
そして親方とセッションで「東京音頭」に「チャンチキおけさ」
踊る人続出!すごかった〜
岡ちゃんサックスで、はりきりました♬

私はと言えば、女子トイレにておばあ樣たちとお友達に...
一つしかない洋式トイレに並んでいると
「ほら、あなた和式は空いてるのよ、どうぞ」と言われて
「あ、いえ、今しゃがめないんです〜 ^^;」
「まぁ、お若いのに!?どうしたの?」
「はぁい〜 足を痛めてしまって。
 洋式にしか入れない方の気持ちが今よ〜くわかります!」
「そうなのよね〜!私なんて足こんなに腫れてるの、リンパがね〜。
 あら、空いたわ。じゃあお大事にねぇ〜!」
「あ、はい〜 お互いに^^;」

お年寄りたちのパワーがすごくて、逆に元気もらいました
なんだか愉快な一日でした♬


6月井上リエ個展のおしらせはこちらをごらん下さい→