今週末、いよいよ念願のSTRIPPA in 奄美 cafe CEOLライブです♬

茅ヶ崎でvol.4までやっていた奄美カレーのカフェ・キョールでのライブ

彼らが奄美大島へ帰島してから早3年...

次は奄美CEOLでライブだよ!と約束して3年...

とうとうこの日がやってくる〜とみんなでワクワクしています!

 

ところで、楽器を持って飛行機に乗るのは初めてで

なんともこれが大変だってことを初めて知りました!

もちろん手荷物で機内持ち込みできる小さい楽器などは問題なし

ギターなどは貨物預けですが、専用ケースが無料貸出できます

大きなコントラバスなども専用大型ケースがあるんですが

なぜか、チェロは入れてもらえない

J●Lコンタクトセンターの回答によると

チェロは自分のハードケースに入れて貨物に預けるか

座席をもう一つ予約して(有料)機内持ち込みするしかない、とのこと

楽器屋さんに聞いて宅急便でも大丈夫とのことだったので

大きな段ボールももらって、宅急便で送ることをのんびり考えていたら

島に送るには1週間かかり(おまけに港留め)補償もつきませんとのこと!

 

時間的にも無理!とわかり

意を決して貨物に預けることにしました

チェロやバイオリンなどの楽器は駒で弦のテンションを張っており

気圧で弦がゆるんだり衝撃で駒が倒れボディが割れる、魂柱が倒れるなど

トラブルが考えられるため、念入りな梱包が必要!

...ってことをプロのチェロ奏者の方などのブログをあれこれ読みまくり

よし!梱包なら任せとけ〜!って感じで、勢いつけてやってみました!

 

なにせアマチュアへっぽこ奏者とはいえ、チェロは大切な大切なもの

万が一壊れてもお客様の責任で...と言われるなら

徹底的に梱包してあげましょう!

 

ということで写真はその行程

 

ですが、最初に、今回奄美に行くということもあって

チェロ10年目の記念にということもあって

つい先日ハードケースを購入したんです♬

実はそれだけではないのですが、それはまた後日^^

 

 

ジャーン!おニューのハードケース、なるべく無傷でいたいもの...^^;

傷だらけもカッコいいけど、まだまだね...

 

 

まずは駒の周囲、テールピース、ヘッドのペグなどをプチプチで巻く

指板とボディの間にも軽くタオルなど詰めておく

 

 

Tシャツなどを上下から着せておくといい、と書いてあったので

長めのタンクトップを上下からかぶせる

ケースとの隙間がないようにクッション材で埋める

弓もプチプチで巻いて動かないように

 

 

さらにケースの上からプチプチを巻いて

ハンディラップでぐるぐる巻き状態!

この状態で背負えるようにショルダーストラップをつける金具部分を

プチプチから出しておく!

ストラップはカバンに入れて持っていけば背負うときに楽!

それから、係りの人へのささやかなアピールとして

「ここ持ってね!持てるようにしといたからね!」とハンドル部分も

プチプチから出して作っておく♬

 

 

取扱注意〜〜!この面を上にしてね〜〜!

など意思表示をいっぱい^^

これは背負って歩くときに取れるように作りました

 

早めに梱包しちゃって、なんかチェロが窒息しそうでかわいそうだけど...^^;

これで果たして大丈夫か無事に着くかどうか、まだ少々不安ではありますが

国内線は国際線よりも安心!とのことで ひとまずOK

あとは、預けるときに「受け取りは手渡しでお願いします!」と

言っておくことも重要だそう!

 

これで楽しくライブができて、キョールのカレーをたらふく食べて

みんなでワイワイ大騒ぎして、楽しい奄美の3日間を過ごしたいもの♬

 

でも、帰るときにまたこの梱包をしなきゃいけない...!

う〜ん、大変だぁぁ!

 

お近くの方(がいるかどうかわかりませんが)是非奄美カフェキョール

遊びに来てくださいね〜〜♬

 

 

 

コメント
こんにちは
さすがに梱包慣れしていらっしゃいますね。素晴らしいお仕事ぶり!
無事に無傷で羽田=奄美往復出来ますように♪
  • by catsrus
  • 2018/05/15 5:20 PM
catsrusさん、ありがとう!梱包は慣れているわけではないんですが、キライじゃないです^^ 無傷で帰って来られるよう、祈っててください〜^^
  • by RIE
  • 2018/05/15 8:09 PM
コメントする